コンフィデンスマン2019映画ネタバレあらすじ結末の感想は?

コンフィデンスマン映画ネタバレあらすじ結末の感想は?
Pocket

2019年5月17日公開の映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』

この映画は2018年春に放送された大ヒットドラマ『コンフィデンスマンJP』が豪華キャストと共に映画化されたもので完全オリジナルストーリーとなっています。

監督は田中亮、脚本は古沢良太で何と舞台は海外に飛んで香港での撮影となりました。

そこで今回は映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のあらすじとネタバレをしていこうと思います。

そして勝手ながらの結末の感想までも言おうかと思ってますのでまだ見てなくて知りたくない人は見ないでくださいね。^^;

それでは「コンフィデンスマン2019映画ネタバレあらすじ結末の感想は?」最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

コンフィデンスマン2019映画ネタバレあらすじ!

元々はTVドラマで始まった「コンフィデンスマンJP」ですがドラマの大ヒットで映画化されました。

キャストも豪華で実力派の俳優3人がメインです。

詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、欲にまみれた者たちから大金をだまし取るストーリーになっています。

映画ではどんな欲にまみれた人をだますのでしょうか?

それではネタバレ・あらすじを序章、展開、結末と紹介していきたいと思います。

 

ダー子達のお魚(ターゲット)は何?

ダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が今回お魚(ターゲット)に選んだのは香港マフィアの女王ラン・リウ(竹内結子)でした。

香港マフィアの女王ラン・リウ(竹内結子)は氷姫の異名を持つ冷酷な女性です。

ターゲーットは彼女の持つ時価数百億とも言われるパープルダイヤ!

しかし彼女は中々人前に現れない用心深い人物でした。

今回チームを組むのがダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)と五十嵐(小手伸也)とダー子を騙そうとしたが失敗して弟子となったモナコ(織田梨沙)の5人で香港にやってきました。

他にもダー子達が20億騙し取った日本のゴッドファーザーと呼ばれる大物赤星(江口洋介)も、その恨みからダー子達を付け狙って香港に向かいます。

そしてもう一人昔ダー子が身も心も捧げて付き合っていたスターと呼ばれた天才詐欺師ジェシー(三浦春馬)!

この男もまたラン・リウの持つ時価数百億とも言われるパープルダイヤを狙って香港へ!

このメンバーで繰り広げられるコンゲーム一体どうなるのでしょうか!

 

ダー子達の計画は何?

香港でラン・リウ攻略計画に色々と取り掛かった彼らでしたがさすが氷姫、なかなか食ついてはこなかったのです。

そこで計画したのがラン・リウの元夫が彼女の初恋の人で、無理やり別れさせられたことを知ったので今度は二人のヨリを戻させる作戦を立てました。

2人を海外に逃がそうと画策するもジェシーのジェシーに邪魔をされたため元夫は来ずラン・リウは悲しむのですがそこで結婚詐欺師ジェシーの登場します。

そしてここはお決まりの様にジェシーの結婚詐欺師のテクニックでラン・リウは心を動かされました。

その時ダー子が「彼は渡さない」と銃を撃ちラン・リウを庇うように飛び出したその弾がジェシーに当たり病院に搬送されました。

もう完全にラン・リウは彼に落ちました。。。

そして彼の病院に付き添いそこでうたた寝してしまい目を覚ました時には彼女が身に着けていたパープルダイヤとジェシーが消えていました。

これはダー子とジェシーの作戦だったのです。

まさに騙し合いのコンゲームですね。

 

伏線がおもしろい?

自分が騙されたことに気付いた香港マフィアの女王ラン・リウはマフィアを使って2人を追います。

ダー子とジェシーは2人でヘリポートに向かいます。

その頃居なくなったダー子を心配するリチャードは『裏切るのも自由だ』という暗黙のルールからダー子はジェシーと行ってしまったなら仕方ないと思っていたのですがソファの上に置かれた雑誌に書き込まれたメモからそこがヘリポートだとわかり、一目散に向かったダー子の仲間達!

そこにはジェシーに手を引かれているダー子がいました。

しかしそこでヘリコプターから出てきたのが日本のゴッドファーザー赤星でした。

そうダー子はジェシーと赤星に騙されたのです。

パープルダイヤも赤星の手に渡っていました。

リチャード達も赤星の子分に銃を向けられてました。

ここでモナコが実はジェシーのスパイでダー子達を騙していたことがわかります。

さらにそこにラン・リウもマフィアたちと登場してもう絶体絶命。。。

赤星 VS ラン・リウ VS ダー子の三つ巴になってしまった彼らのところにタイミングよく警察が来てジェシーと赤星はヘリコプターでパープルダイヤをもって飛び去って行きました。

 

ダー子とラン・リウの関係は?

ダー子を騙したと思って喜んで日本に帰ってきたジェシーと赤星でしたが実はパープルダイヤが偽物だということがわかります。

そして急いでラン・リウの元へ向かうもそこは売るに出されている空き家でした。。。。

ここでジェシーと赤星は騙されたことを悟ります。

ダー子達はと言うとアジトで乾杯しながら手に入れた30億円でドミノをやったり、花吹雪のようにまきちらしたりして大はしゃぎしてました。

その中にモナコもいて結局はダー子の仲間になったようです。

その時チャイムが鳴り入ってきた人物はなんと香港マフィアのラン・リウでした。

なんと実はダー子の尊敬する本物のスターはラン・リウでした。

抱き合うダー子とラン・リウをみて他の仲間達もやっとラン・リウも仲間だったことに気付きます。

実はダー子が電話した子猫ちゃんの鈴木さんがジェシーに恋愛詐欺で大金をまきあげられたことを知ってターゲットをジェシーに決定しましたが、そのためのキャストとしてラン・リウ役を『スター』に依頼したのです。

その頃赤星はダー子からのラブレターを読んで完全敗北を認めたのか大笑いしていました。

騙し騙されのゲームに勝ったのはやっぱりコンフィデンスウーマンのダー子でした!

そして最後にゴミ掃除をしていた眼帯のおばさんの前に高級車が止まり、車の中で外した眼帯の目にはあれが。。。。

 

結末の感想は?

ホントに面白い映画でしたね!

こんなに何回もおおっって声出る映画って少ないですよね。

そしてツイッターでも面白い派ばかりでさらに2020年に新作が出ることももう発表されてるので次回作も楽しみで仕方ありませんよね。

そしてこれは脚本を書いてくれた古沢良太さんに感動しました。

こんなに伏線を張ってさらに観客までを騙すとハードルを上げてさらに上を行きましたね。

次回作プリンス篇もぜひ見たいと思います!

>>コンフィデンスマンJPロマンス篇の無料視聴を試してみる<<

 

まとめ!

今回は映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のあらすじ・ネタバレを書いてきました。

映画『コンフィデンスマンJP -ロマンス編-』のあらすじ・ネタバレは序章・展開1・展開2・結末と分けて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

もう最後まで皆さん騙されたのではないでしょうか?

伏線の張り方が絶妙でホントにあっという間に2時間たってしまうのでこれを見た後じゃちょっと面白さ半減ですがわかってみる面白さもあるのではないでしょうか。^^

それでは「コンフィデンスマン2019映画ネタバレあらすじ結末の感想は?」最後までご覧いただきありがとうございました!