コンフィデンスマン2019映画主題歌歌詞の意味は?挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!

「コンフィデンスマン映画主題歌歌詞の意味は?挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!」
Pocket

2019年5月17日に公開された映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」

この映画は2018年の春に放送された月9のTVドラマで大ヒットしドラマクール中に映画化が決定したとても人気のある作品です。

そこで今回は映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」で使われた主題歌、挿入歌であるOfficial髭男dismt(略称ヒゲダン)の「Pretender」について紹介していきたいと思います。

まずコンフィデンスマンの主題歌「Pretender」ってどういう意味?ということでその意味はもちろん歌詞の方の意味も考えていきたいと思います。

そして何といってもヒゲダン「Pretender」のユーチューブがかっこいいのでこちらの方もぜひ見ていただきたいと思います。

それでは「コンフィデンスマン2019映画主題歌歌詞の意味は?挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!」最後までお付き合いよろしくお願いします!

 

コンフィデンスマン2019映画主題歌歌詞の意味は?

5月17日公開の映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の主題歌を歌うヒゲダン!

主題歌「Pretender」はヒゲダンが映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の為に書き下ろされたまさにこの映画に合わせた曲なんです。

まず「Pretender」の意味は詐称者、ふりをする者、といった意味があり騙し騙されの映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」にぴったりの曲になっています。

サビの部分の歌詞はこうなっています。

グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや
グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」

一部引用:https://www.uta-net.com/song/266648/

きっとこの歌詞は人それぞれ解釈は違うと思いますが個人的にはこのサビの部分の歌詞がすごい共感出来ました!

この歌詞は間違いなく男性目線ですよね。

そしてこの男性は好きだけど彼女には他に好きな人がいるとか、立場が違うとかそういった感じで違う方向を向き合ってるのではないのかなと感じました。

映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」ではジェシー目線からみたダー子かラン・リウのことを歌っているのかもしれませんね。

これについては人それぞれ想像した方が良さそうですよね。

そして一つだけたしかなことがある!

「君は綺麗だ!」。

かっこいいですねこんなこと言ってみたいと思ってしまいました。^^

そしてこの映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の為に書き下ろした曲「Pretender」についてのヒゲダンのコメントもありますので紹介します!

 

Pretenderヒゲダンのコメントは?

この曲はボーカルの藤原聡さんの作詞作曲でドラマ主題歌「ノーダウト」は社会の不条理を描いた楽曲でしたが今回の映画主題歌の「Pretender」はラブソングに変わりました。

そのことについてのコメントです!

藤原聡:映画では規模が広がり、「ロマンス篇」ということで、色恋沙汰もからんでくるんですよ。

なので今回は「詐欺の憂鬱」みたいなところにフォーカスを当ててみました。

やっぱり、恋愛と騙し合いの相手がいっしょになってしまったりすると、自分の感情に動けない場面もあるわけで、、、そう考えるとこういう歌詞が出てくるんですよ

ということをおっしゃっています。

詐欺の憂鬱という響きがカッコいいですよね。

確かに言われてみればそうなんですが途中から想像力が乏しいのかわからなくなってしまちゃいました。><

映画を見ればわかってくるかもしれませんね。

こういう歌詞を書ける藤原聡さんはきっとモテるのでしょうね。^^

ではヒゲダンとはどういうバンドなのかも紹介していきたいと思います。

>>コンフィデンスマンJPロマンス篇を無料視聴で「Pretender」の歌詞と合わせ観る<<

 

ヒゲダンはどんなバンド?

  • バンド名:Official髭男dism(オフィシャルヒゲダンディズム)
  • 結成:2012年
  • レーベル:ポニーキャニオン
  • 事務所:ラストラム・ミュージックエンターテインメント
  • メンバー:藤原聡(ボーカル・ピアノ)
    小笹大輔(ギター・コーラス)
    楢﨑誠(ベース・サックス)
    松浦匡希(ドラムス)

何でもバンド名の由来は結構適当でとりあえずインパクトのある名前で漢字とアルファベットを混ぜたくて髭男dismが決まったそうです。

そこからもっと適当にOfficialをつけてOfficial髭男dismになったそうです。

バンド名って結構そういうものなのかもしれませんね。

でもそこから愛着がわいてきますもんね。

そしてメンバーは誰も髭を生やしていないというのも面白いですね。^^

それではOfficial髭男dismの歌う映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の主題歌「Pretender」のユーチューブを見てみましょう!

 

挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!

映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」のロケ地は香港でしたがヒゲダン「Pretender」の撮影地は台湾でしたそうです。

歌詞の内容にリンクしたカッコいいけどなにか切なくなるようなMVですね。

リズムやテンポは楽しそうな感じなのにグッと切なくなるとてもいい曲だと思いましたがいかがでしょうか?

そして「君は綺麗だ~」の歌詞そしてラストの「とても綺麗だ」は個人的に大好きな部分です。

この部分は作詞をした藤原聡さんのコメントでも一番のサビの部分でもあるそうです。

ここで「君が好き」と言わずに「君は綺麗だ」ということでどうにもならない気持ちを表現したそうです。

これはカッコいい!

この曲はどうやって作られたか気になりませんか?

制作ドキュメントもあるので見てみましょう!

 

Pretender制作ドキュメント

主題歌とかを書き下ろしてもらう時のオファーってこんな感じなんですね。

ドキュメントがカッコよすぎ。><

完成形を知っているので最初の方の原曲からドンドンと変わっていく様子は鳥肌もんですね。

そして映画を見る前の感じのつらそうな感じもかっこよかったです。

プロの方のドキュメントはホントに面白いし尊敬できるので見習っていきたいと思います!

 

Pretenderシングル情報

Official髭男dismがメジャー3作目となるニュー・シングルは2019年5月15日にリリース!

収録曲

01. Pretender
02. Amazing
03. Pretender (Acoustic ver.)

アコースティックバージョンもかっこいいですよ!

そして初回限定版のみのDVD!

「HIGEDAN acoustic one-man live 2018 -Autumn-」
-selected from 2018.10.13 ヒューリックホール東京-

01. 日曜日のラブレター
02. 55
03. ゼロのままでいられたら
04. 可能性
05. ニットの帽子
06. 115万キロのフィルム
07. Tell Me Baby
08. 異端なスター
09. ノーダウト
10. 犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
11. Stand By You

もう売ってないのでダイジェスト版と06. 115万キロのフィルムのユーチューブを見てください!

 

ヒゲダンライブダイジェスト

 

ヒゲダン115万キロのフィルム

 

まとめ

映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」で使われた主題歌、挿入歌であるOfficial髭男dismt(略称ヒゲダン)の「Pretender」について紹介してきました。

最初は「Pretender」とその歌詞の意味を!

これは詐称者、ふりをする人という意味合いで映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」にはぴったりの楽曲でしたね。

それもそのはず映画「コンフィデンスマンJP -ロマンス編-」の主題歌、挿入歌はこの映画の為に作られたということも紹介してきました。

そして他にもヒゲダンのユーチューブ「Pretender」のMVがとてもカッコよく切ないということも見てきましたがいかがでしたでしょうか?

ヒゲダンという名前の由来も面白かったですがやはり彼らの曲や歌詞は心に響くものがありますね。

これからもヒゲダンには注目していきたいと思います。

それでは「コンフィデンスマン2019映画主題歌歌詞の意味は?挿入歌ヒゲダンのユーチューブがかっこいい!」最後までご覧いただきありがとうございました!