ドラゴン桜2坂本社長が怪しい?1話最後のセリフで黒幕を考察!

ドラゴン桜2瀬戸輝と岩崎楓の関係は何?桜木のセリフで片思いは確定?
Pocket

4月25日からスタートした日曜劇場「ドラゴン桜」!

面白かったですねえタイトルも前作とは全く違ったドラマにするということで同じタイトルになっているそうですね。(ややこしいのでここからドラゴン桜2とします)

そして漫画原作ですが原作にはない話やキャラクターも多く出てきました。

その中でもドラゴン桜2の1話最後に林遣都さん演じる坂本社長に佐野勇斗さん演じる米山圭太が言ったセリフがネットでは考察が始まっています。

ネットでは「坂本社長、やっぱワルい?」「わーー坂本社長!これはキーパーソンなのでは?」と原作にはないオリジナルストーリーに盛り上がっています。

そこで今回は米山圭太と坂本社長は敵なのか?そしてその怪しい関係性などを考察して黒幕を予想していきたいと思います。

「ドラゴン桜2坂本社長が怪しい?1話最後のセリフで黒幕を考察!」と題して記事をお届けしていきます。

ぜひ最後までご覧ください!

 

ドラゴン桜2坂本社長と米山が怪しい?

ドラマ「ドラゴン桜2」で米山圭太と坂本社長は漫画原作には出てこないオリジナルキャラクターです。

しかし1話目の最後から「それはヤツを潰すには持ってこいの展開ですね」といった怪しいセリフが飛び出したりしました。

2人はレギュラー出演でもちろん公式サイトの相関図にも載っています。

今後この2人はストーリーのキーパーソンになるのではないかとネットでも言われています。

 

米山圭太って誰?

佐野勇斗さん演じる米山圭太はドラマ「ドラゴン桜2」のキーパーソン的な存在です。

桜木の元教え子で東大現役合格できなかったことで自殺を図った生徒でした。

しかしそのことが公となり桜木が失踪する原因となった不祥事の張本人でもあります。

その後、桜木に自殺を止められまた2年浪人し東大に合格した生徒でもあります。

怪しい雰囲気の演技に原作漫画とは全く違うようなストーリーの今後の展開に注目です。

 

坂本社長って誰?

林遣都さん演じる坂本社長も漫画原作には出てきません。

ドラマ「ドラゴン桜2」では長澤まさみさん演じる水野直美の高校時代の後輩で同じく東大に入学しました。

卒業後IT企業を立ち上げ現在も水野直美との交流があります。

坂本社長もレギュラー出演なので漫画原作にいないオリジナルキャラクターがかなりメインストーリーに入ってくるドラマになりそうですね。

 

ドラゴン桜2坂本社長と米山1話最後のセリフで黒幕を考察!

ドラマ「ドラゴン桜2」の第1話の最後に米山圭太が坂本社長に言ったセリフ「それはヤツを潰すには持ってこいの展開ですね」とは誰を潰すのか?ということが話題になっています。

漫画原作ではサスペンス要素は全くないのですがドラマ「ドラゴン桜2」では全く違ったストーリー展開が期待できそうです。

ということで考察してみました。

 

ドラゴン桜2米山と坂本社長は桜木に復讐?

やはり米山圭太は東大現役合格できなかったのが桜木のせいだと思い未だに恨んでいるのでしょうか?

個人的にはもし桜木が潰すヤツなら二浪して東大に入らないような気がします。

なにより日曜劇場ですのでそんな簡単にわかるストーリーであるわけがありません。

どちらかというと命も救ってもらい結局東大も卒業でき人生を変えてもらった桜木に恩はあっても恨みはないのではないでしょうか。

 

黒幕予想は岸本?

ドラマ「ドラゴン桜2」の第1話では米山圭太の自殺未遂がスクープされ桜木が全国民に叩かれその後失踪したことが冒頭からわかりました。

劇中でもなぜ情報がリークされたのか?ということが言われたりしていて伏線のような感じが出ていました。

米山圭太と坂本社長の最後のセリフでつぶすといっていたのはこのリークした犯人を潰そうとしているのではないでしょうか。

そして現段階でリークした黒幕は桜木健二法律事務所のNo2で最も信頼していた早霧せいなさん演じる岸本香です。

理由としてリークすることによって桜木が失脚しNo2だった岸本香はすべてのクライアントを持っていきました。

米山圭太の身内が自殺未遂したことをリークするメリットはなく得をしたのは岸本香だけだからです。

このことは劇中でも言われていました。

そして坂本社長は劇中でも情報を集めるのは専門のようでした。

米山圭太と坂本社長は岸本香がリークしたことを知り潰そうと考えているのではないかと考察しました。

 

ドラゴン桜2イッキに見たい人は

もしドラマ「ドラゴン桜2」を見逃してしまったり見忘れたりしてイッキに見たい人はParaviで見ることが出来ます。

Paraviならドラマ「ドラゴン桜」を見逃しても見忘れてもいつでも見直すことが出来ます。

もうParaviに登録してる人はもちろん登録してない人も実は今なら無料で観ることが出来るんです。

Paraviは本来、月額1017円(税込)かかりますが現在、2週間無料体験を受付中で今なら0円で放送中のドラマや話題作がいつでも1話から見放題になっています。

この2週間無料体験を使えば見逃してしまった人も見忘れてしまった人でイッキに見たい人は2週間無料で視聴することが出来ます。

他にも放送で見られない大人気ドラマや映像特典などParavi限定作品も見放題になっています。

ぜひこの機会に無料体験で楽しんでみてはいかがでしょうか。

⇩他の作品が気になる方はこちら⇩

 

まとめ

「ドラゴン桜2坂本社長が怪しい?1話最後のセリフで黒幕を考察!」を最後までご覧いただきありがとうございました。

前作のドラゴン桜と違い今作は日曜劇場でスタッフも変わりストーリーがかなり変わっていて1話から原作にないキャラクターが多く出てますね。

今回はドラマ「ドラゴン桜2」の第1話最後に坂本社長に言った米山のセリフ「それはヤツを潰すには持ってこいの展開ですね」のヤツは誰なのかを考察しました。

まだ1話ですが勝手な考察として米山と坂本社長が潰そうとしてるのは早霧せいなさん演じる岸本香ではないかと予想しました。

原作漫画では桜木法律事務所のNo2で桜木の信頼も厚いキャラクターだけにもしそうならストーリーは全然違うのでより楽しめそうですね。

今後も視聴し続けていきます。

それでは最後までお付き合いありがとうございました!