ドラゴン桜2005矢島と水野ラブシーンは何話?その後の恋愛関係をネタバレ!

ドラゴン桜2005矢島と水野ラブシーンは何話?その後の恋愛関係をネタバレ!
Pocket

2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」は受験ドラマです。

しかしドラマでは山P演じる矢島勇介とガッキー演じる香坂よしのが付き合っていてさらに長澤まさみさん演じる水野直美が入ってきてドラマらしい恋愛関係も見どころになっています。

そこでこの記事ではドラマオリジナルストーリーの矢島勇介と水野直美の恋愛とその後をネタバレしていきますのでご注意ください。

他にも矢島勇介と水野直美のラブシーンは何話だったのかを紹介していきたいと思います。

「ドラゴン桜2005矢島と水野ラブシーンは何話?その後の恋愛関係をネタバレ!」と題して記事をお届けしていきます。

原作漫画では水野には原作漫画でしか出てこないキャラと付き合っていました。

ドラマとは違う水野直美の恋愛を見たい方はぜひ原作漫画を読んでみてください。

ドラゴン桜を試し読みする

 

ドラゴン桜2005矢島と水野ラブシーンは何話?

2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」にラブシーンはあったの?

結果から言うとドラゴン桜にラブシーンはありませんでした。

しかし第9話「信じろ! 成績は必ず上がる!」で山P演じる矢島勇介の胸の中で長澤まさみさん演じる水野直美が泣くシーンがあります。

ドラゴン桜にはラブシーンはありませんが第9話「信じろ! 成績は必ず上がる!」ではラブシーンよりもっとドキドキするといったシーンが評判でした。

 

ドラゴン桜第9話橋の上のシーン視聴者の反応は?

 

ラブシーンではないけど何かドキドキさせられるシーンでした。

ここで気になってくるのはドラマの中では明かされなかった矢島勇介と水野直美はお互いどう思っているのかが気になります。

 

ドラゴン桜2005矢島は水野が好き?

ドラマでは矢島勇介と水野直美は幼馴染という設定でした。

しかしドラマ内では明らかにお互いに好意がある感じでしたが結局最後まではっきりさせることはありませんでした。

ちなみに原作でも矢島には彼女はいませんでした。

 

ドラゴン桜2005矢島と香坂よしのは別れた?

2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」で矢島勇介はガッキー演じる香坂よしのと付き合っている設定でした。

ですがドラマ後半では香坂よしのは水野直美に対し嫉妬したりして一時期グレてレディースグループに入ったりすることもありました。

いつも「勇介、勇介」と勇介にかまってもらおうと必死でしたが東大に見事合格し自分自身の覚悟が決まったような感じでした。

最後のセリフも「私は東大に行く。勇介が行かなくても、私は東大に行く。世の中のことを正しく読めるようになりたくなった。」と勇介離れを宣言したようなセリフでした。

このことから結局2人は別れたのではないかと思われます。

 

ドラゴン桜2005矢島と水野その後の恋愛関係をネタバレ!

2005年放送のドラマ「ドラゴン桜」の最終回では結局お互いの恋愛に関してははっきりすることはありませんでした。

東大合格したのに結局東大に行かず独学で弁護士を目指した矢島勇介。

そして母が倒れたことにより東大受験を諦めた水野直美。

その後に関して原作漫画でも2人が恋愛関係になることはありませんでした。

元々は漫画原作のもので2人の関係は泣く水野には大沢という彼氏がいて矢島とはライバル関係であり恋愛というよりどちらかというと友情関係でした。

ドラマでの矢島と水野の関係はオリジナルストーリーのものがかなり多くあったので今後も明かされることは無いのでしょう。

 

ツイッターの声は?

 

SNSではその後ははっきりさせなくてもいいという人と知りたいという人がいましたね。

ドラマも原作漫画も恋愛要素はあまりなく特にドラマは人間の成長がはっきり見て取れるようなドラマだったので個人的にははっきりさせなくていいのかなあと思いました。

ドラゴン桜2も4月から始まりますが矢島と水野の再共演があるのかはスゴイ興味ありますね。

 

まとめ

「ドラゴン桜2005矢島と水野ラブシーンは何話?その後の恋愛関係をネタバレ!」を最後までご覧いただきありがとうございました。

今回は2005年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の登場人物、矢島と水野の恋愛関係について調べてみました。

2人のラブシーンのようなドキドキするシーンは第9話の「信じろ! 成績は必ず上がる!」でした。

その後についても原作漫画でも矢島と水野の関係は同級生といった感じで特別な関係でもなくちょっと残念でした。

SNSでも賛否両論ありましたがやはりはっきりさせない方が色々な想像ができ面白いのではないかと個人的には思いました。

それでは最後までお付き合いありがとうございました!