村主章枝社交ダンスの実力は下手?先生やコーチは誰?

Pocket

みなさんこんにちは!

金スマ「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」の社交ダンス企画でキンタローさんと変わってロペスさんと新しく組むことになった村主章枝さん!

フィギュアスケートでトップスケーターだった村主章枝さんの社交ダンスの実力は下手なのか?上手なのか?

そしてキンタローさんの師匠でもあるあの謎のカッコイイ美人先生はだれなのか?

今回はその辺りを調査していきたいと思います。

 

村主章枝社交ダンスの実力は下手?

さてさてTVをご覧になられて社交ダンスをされたことないかたにとってはちょっと気になるかもしれないですよね。

結果だけを見たらTVだし有名人だからジャッジも甘いのではないか?と思われることも多いようですね。

正直私もそういうとこもあるのではないかと思っております。

なぜならジャッジも人間であって比べるのは踊ってる人たち同士、さらに時間は1分チョイという短い時間で判断しなければいけません。

そうすると圧倒的にかっこよく踊ってる人はもちろんジャッジの印象はいいのですが、

そこまで変わらないとやはりTVが入って有名人ならそちらの印象のほうがいいのではないか?という風に思っちゃいますね^^;

社交ダンスはこういうステップをすれば点数が貰えるというものではないのでその辺は結構あいまいかもしれません。

そこで村主章枝さんの社交ダンスの実力はというとやはりまだ4ヶ月ですので上手ではありません。

ただ4ヶ月にしてはかなり上手だと思います。

そして体幹がやっぱり強いですね。

ロペスさんがあれだけやると普通の4ヶ月の人ならヨロヨロになっちゃうのですがしっかりと負けていませんでしたね。

さすがは一流アスリートですよね!

私が気になったのはやはり膝が曲がってるのが気になりました。

やはりフィギュアスケートの癖が付いてるのでこれは結構難しいところかもしれませんね。

TVでも言われてましたね、しかも30年の癖ですしね^^;

さらにフィギュアスケートして今現在も本職はそっちなので分けるのがかなり大変な作業だと思います。

他にもやはりポーズや動きなどもフィギュアスケートぽいなあと思うところが多々ありました。

ただまだ4ヶ月なんですよね金スマでエドはるみさんと比べられた映像が流れましたが社交ダンス歴4ヶ月はホントにあのような感じになるんですよ。

4ヶ月で今くらい踊れるとしたら、、、、、

1年後はまた信じられない踊りをするような気がします。

あと個人的にスタンダードもやってほしいなあと思うところもあります^^

それなら膝は曲がっててもいいですからね。

とりあえずあの謎のカッコイイ美人先生がきっと素晴らしい魔法をかけて村主章枝さんをラテンダンサーに変えてくれるに違いありません!

 

フィギュアスケート戦績一覧

もちろん皆さんもご存じだと思いますが村主章枝さんは元フィギュアスケーターです。

フィギュアスケートの戦績はというと

  • ソルトレイクオリンピック5位
  • トリノオリンピック4位
  • 2003年GPファイナル優勝
  • 2002,2003年世界選手権連続3位
  • 2006年世界選手権2位
  • 四大陸選手権優勝3回
  • 全日本選手権優勝5回

などなど凄い成績をもたれた日本を代表する世界でも有名なフィギュアスケータです。

素晴らしいですよね!!!

現役時代は表情豊かな演技で世界中のファンを魅了していたため「氷上のアクトレス」と称されてました!

もちろん社交ダンスにも表情豊かな演技は立派な武器になりますので期待できますよね。

なによりフィギュアスケートでは世界のトップで戦っていた方なので社交ダンスでもかなりいけると思っております。

 

デビュー戦はいつだった?種目は何?

デビュー戦4月14日に埼玉県でD級戦ラテン、種目は「チャチャチャ」と「ルンバ」で見事に優勝を飾っています!

この時はまだ社交ダンスを始めて3か月ですよね?。。。すごい!

金スマを見られた方は御存じかと思いますが2019年5月26日の全日本選手権で村主章枝さんは社交ダンスを始めてたった4ヶ月でラテンの5種目でファイナルまで進んで6位入賞!

なんとこの時点で日本代表入りって、、、、、

村主章枝さんの身体能力恐るべしそしてロペスさんは上手ですね、2人でやる社交ダンスだから出た結果だと思いました。

社交ダンスをやっている私からみると結構凄いことだと思ったのですが皆さんはいかがでしたか?

村主章枝社交ダンス第2幕はこちら!

 

村主章枝の全日本選手権での凄いところ

やはり世界のトップ達を相手に戦っていた人ですね!

4ヶ月であれだけ堂々としていられるというのが凄いと思いました。

比べるほうが間違ってるのですが私の競技会デビュー戦などはそれはそれはひどいものでしたよものすごい落ち着きがなかったです^^;

まず私が初めて競技会に出たのも社交ダンスを始めて1年くらいしてからでしたし。もちろんクラス戦です。

競技会にはクラス戦とオープン戦があります。

村主章枝&ロペスペアも最初のデビュー戦ではクラス戦でしたよね、全日本選手権はオープン戦になっていて5種目になるんです。

因みに私が初めてオープン戦に出たのは社交ダンスを始めて2年ほどしてからです。

多分これでもちょっと早い方だとは思います。

それが村主章枝さんは4ヶ月で出てるんです。

そして堂々と5種目踊り切ったというのが素晴らしいことだと思います。

正直5種目のルーティンを覚えるだけでも大変なのです。

よくあるパターンではクラス戦で2種目ごとに覚えていってそれ等を練習していって5種目のルーティンが出来上がる。

それをまた練習してからオープン戦に出るという感じなのですがそれをかなりすっ飛ばしていきましたよねえ。

もちろんロペスさんがいることによってできるわけですがロペスさんと組んだら4ヶ月で誰でも出来るわけではありません。

やはり村主章枝さんの努力と今までフィギュアスケートの世界で戦いながら鍛えた身体能力やメンタルのたまものだと思います。

これからどこまで行くのか非常に楽しみですね!

村主章枝は日本代表になれたのか?はこちら!

 

村主章枝社交ダンスの先生やコーチは誰?

村主章枝の社交ダンスの実力は下手?先生やコーチは誰?

金スマ社交ダンスで村主章枝&ロペス組を教えている山本英美(やまもとひでみ)先生は社交ダンスしてる人は誰でも知ってるのではないかというくらいの有名人なのです。

 

山本英美先生の過去の受賞経歴

山本英美先生は1996年に山本喜洋先生とカップル結成し国内外での競技会で数々の受賞歴があります。

日本での成績

  • 統一全日本ラテンアメリカン4年連続チャンピオン
  • 統一全日本ショーダンス5年連続チャンピオン
  • ジャパンカップグランプリ5年連続チャンピオン

海外での成績

  • UK選手権準決勝(日本人13年ぶり)
  • 全英選手権(ブラックプール)準決勝(日本人12年ぶり)
  • ロンドンインター準決勝
  • 2003年世界選手権ファイナリスト(日本人19年ぶり)
  • 2004年世界ショーダンス選手権準優勝

と成績でもわかるように国内では負けなしでした。

そして海外でも山本英美先生は「東洋の真珠」と呼ばれるほどのトップクラスのダンサーでした。

 

山本英美先生も社交ダンス一筋ではなく元バレリーナ?

金スマの山本英美先生は元々はバレエをされてたそうでなんとバレエの名門ロシアのボリショイバレエ団で活躍されてたそうなのです。

ですが突然の謎の体調不良の為帰国そこで診察を受けるとバセドウ病と診断されロシアに変えることも出来ないまま入院されたそうです。

そして退院後も絶対安静で家に引きこもり状態だったのですがその頃社交ダンスを習っていた叔母の勧めでまだドクターストップがかかっていたそうなんですが、

山本英美先生は「踊れないまま一生を終えるくらいなら踊って死んだ方がいい」と社交ダンスを習い始めてラテンアメリカンダンスにはまったようです。

それ程ダンスを一途に思われてる山本英美先生は本当に素晴らしくカッコいいです。

そして山本喜洋先生と出会いロンドン留学し病気と闘いながら数々の功績を残して2007年惜しまれながら引退

現在はトッププロから幅広くの人々に社交ダンスのテクニックはもちろん心の在り方までをコーチングされて忙しい日々を送っている。

 

まとめ

山本英美先生の言葉なのですが。

「バレエではいつも一人で戦ってきた。

社交ダンスだと普段の練習では喧嘩も耐えなくてつらかったけど、

ひとたびフロアに出たら周りは全部敵でも自分にはパートナーがいる。

こんな心強いことはない」

素敵な言葉ですよね!

村主章枝さんもフィギュアスケートは一人なので同じように感じることがあるのではないでしょうか。

そしてそんな先生に習うのですからこれからの上達にもかなりの期待が持てますよね。

しかも山本先生以外のコーチ陣にしても競技選手にしてみたらよだれものですよね。

これからの金スマ社交ダンス企画楽しみです。

村主章枝&ロペスペア世界まで行ってください!!