ハコヅメどうせ来るならの意味は?ぶつぶつ言う独り言が怖い?

ハコヅメ守護天使ネタバレ!犯人の正体は誰?
Pocket

2021年7月7日からスタートした戸田恵梨香さん主演の夏ドラマ「ハコヅメ」。

ドラマ「ハコヅメ」は漫画「モーニング」で連載中の「ハコヅメ ~交番女子の逆襲~」が原作になっています。

戸田恵梨香さん演じる藤聖子は「人の皮を被ったマウンテンメスゴリラ」と呼ばれておりぶつぶつとよく独り言を言ってかなり癖のある怖い警察官なんです。

そこで今回は戸田恵梨香さん演じる藤聖子の独り言のセリフ「どうせ来るならクソ野郎」の意味を考察していきたいと思います。

「ハコヅメどうせ来るならの意味は?ぶつぶつ独り言が怖い?」と題して記事をお届けしていきますのでぜひ最後までご覧ください。

 

ハコヅメ戸田恵梨香どうせ来るならの意味は?

ドラマ「ハコヅメ」第1話で戸田恵梨香さん演じる藤聖子と永野芽郁演じる河合麻衣が違反切符を切っているシーンがあります。

このシーンで戸田恵梨香さん演じる藤聖子は何やらぶつぶつ独り言をつぶやいていました。

ここで「どうせ来るならクソ野郎!」という小さな声でぶつぶつ言っていたセリフで#ハコヅメがトレンドにもあがりました。

戸田恵梨香さん演じる藤聖子のセリフ「どうせ来るならクソ野郎!」の意味は違反切符を切るのならまじめな人がうっかりしたことで違反して切符を切るのではなく「どうせ切符を切るならクソ野郎」から切りたいということでではないでしょうか。

 

ハコヅメ戸田恵梨香ぶつぶつ独り言が怖い?

 ドラマ「ハコヅメ」で戸田恵梨香さん演じる藤聖子がぶつぶつと独り言を言ってるシーンです。

そのシーンでは違反者に河合が切符を切りに行きます。

その時、切符を切りに行く河合を見守りながら藤は何かぶつぶつ言っています。

気になった河合は無線で藤に確認するも「別に」というだけでした。

このシーンでははっきり聞き取りづらいのですが河合が近づいて聞いてみると「どうせ来るならクソ野郎!」とずっとつぶやいていたようです。

河合に「怖っ」とひかれるも藤の言い分がわかったのか1話最後に2人で「どうせ来るならクソ野郎!」と今度は2人で連呼していました。

原作者の泰三子さんは元警察官ですのでこのセリフはリアリティーありますね。

言い訳や文句を言う奴ほど切符は切りやすようですね。

 

ツイッターの声は?

 

 

7月7日から始まったドラマ「ハコヅメ」初回からトレンド入りと好発進でした。

ドラマを見た視聴者も「面白い」「かわいい」「かっこいい」と評判です。

これからの展開も非常に楽しみですね。

 

まとめ

「ハコヅメどうせ来るならの意味は?ぶつぶつ独り言が怖い?」を最後までご覧いただきありがとうございました。

ドラマ「ハコヅメ」が初回の放送からトレンド入りしました。

今回は初回のパワーワードでもある戸田恵梨香さん演じる藤聖子のセリフ「どうせ来るならクソ野郎!」の意味を考察しました。

「どうせ来るならクソ野郎」の意味は警察官も人間なので切符を切るのはかわいそうと思うこともあるのでどうせ来るならクソ野郎だったら何の迷いもなくすっきり切れるということだということだと思われました。

元警察官原作の交番女子のドラマ。

リアリティあってほんとにおもしろいですよね。

今後も見逃せません!