呪術廻戦0巻五条最後の言葉は何?夏油を殺す理由と過去の関係も紹介!

呪術廻戦0巻五条が夏油に言った最後の言葉は何?殺す理由と過去の関係も紹介!
Pocket

今、大人気の漫画「呪術廻戦」は新しい単行本が出るたびに売り切れ続出になるほどの人気です。

今回は呪術廻戦の本編ではない0巻で五条悟が夏油傑に言った最後の言葉「―― ――」があります。

この五条悟の最後のセリフが気になると話題になっています。

そこで今回は五条悟の最後の言葉「―― ――」のネタバレをしていきたいと思います。

他にも五条悟が夏油傑を殺す理由と2人の過去の関係も紹介していきます。

「呪術廻戦0巻五条最後の言葉は何?夏油を殺す理由と過去の関係も紹介!」と題して記事にしましたのでぜひ最後までお付き合いください!

マンガ無料立ち読み

 

呪術廻戦0巻五条最後の言葉は何?

 

呪術廻戦0巻で五条悟は夏油傑にとどめを刺し殺します。

その前に五条悟と夏油傑は少し話しました。

夏油傑が「最後くらい呪いの言葉を吐けよ」といった後、五条悟は殺す直前に言った最後の言葉「―― ――」は「僕の親友だよ、たった一人のね」ではないかと言われてます。

 

呪術廻戦0巻五条悟最後のセリフが僕の親友だよ、たった一人のねの理由は?

 

呪術廻戦0巻の五条悟の最後の言葉「―― ――」は0巻の中に隠されてることが原作者の芥見先生が読者からのQ&Aで明かされています。

五条悟の最後の言葉「―― ――」を言った時夏油傑は「はっ」と少し照れたような感じで微笑みます。

このことから悪いセリフではないことがわかります。

そして2行にわたる線は少し長いセリフではないかと思われます。

「僕の親友だよ、たった一人のね」が最後の言葉であれば心の底から笑えなかった夏油傑が最後に「はっ」と照れ笑いしたことも頷けます。

 

呪術廻戦0巻五条が夏油を殺す理由と過去の関係は?

 

五条悟と夏油傑は同級生であり親友でした。

かつて2人は最強タッグとして一緒に仕事もしていました

しかし五条悟は最後に「バシュッ」という擬音だけでしたが夏油傑を殺したような描写がありました。

名シーンですが親友を殺すという悲しいシーンですね。

なぜ殺したのか、それは特級呪術師であった夏油傑は呪術師ではなく呪詛師となり呪力を持たない人間を抹殺するという考えを持ったからです。

 

呪術廻戦0巻夏油傑が呪詛師になった理由は?

 

夏油傑は元々五条悟のように実力者で特級呪術師として人間を呪霊から守っていました。

そんな夏油傑が人間を抹殺しようと考えたのは人間から出る呪いから生まれる呪霊との戦いが嫌になったからです。

呪術師から呪霊は生まれないので呪術師ではない人間は滅ぼしてしまおうというとんでもない考えからです。

しかし元々真面目だった夏油傑は呪霊との戦いで仲間が次々と命を落としていくことに耐えれなくなりました。

その事から仲間を失うくらいなら呪霊を生み出す人間の抹殺を選んだのです。

 

呪術廻戦0巻が買えるサイト

 

 

まとめ

 

「呪術廻戦0巻五条最後の言葉は何?夏油を殺す理由と過去の関係も紹介!」を最後までご覧いただきありがとうございました!

今回は呪術廻戦0巻で五条悟が夏油傑に言った最後の言葉「―― ――」のネタバレ予想をしました。

ネタバレで五条の最後の言葉は同じ呪術廻戦0巻の中にあるという芥見先生の答えから「僕の親友だよ、たった一人のね」だと言われています。

そして五条悟と夏油傑の関係や殺した理由も紹介してきました。

もし呪術廻戦0巻を読んでない人は是非読むことをおススメします。

五条悟ホントにかっこいいですよ。

それでは最後までお付き合いありがとうございました!