キングオブコント2020エントリー辞退者コンビは?コウテイやチョコプラも欠場?

キングオブコントのエントリー数減っていくのはなぜ?2020はコウテイやチョコプラも辞退?
Pocket

毎年行われている「キングオブコント」ですが今年のエントリー数はなんと過去最低の1707組!

今大会は新型コロナウイルス感染防止対策の為か決勝常連組のコンビの辞退者などが続々出ておりツイッターでも衝撃の声が上がっています。

そこで今回は欠場となっているチョコプラやコウテイの辞退理由や他にもどんなコンビが辞退しているか調べてみました。

そして今回だけでなく第4回から年々減っているキングオブコントのエントリー数の理由なども考えてみました。

それでは「キングオブコント2020エントリー辞退者コンビは?コウテイやチョコプラも欠場?」をお届けしていきたいと思います。

是非最後までご覧ください!

 

キングオブコント2020エントリー辞退者コンビは?

ツイッターで調べると辞退したコンビはかなりいました。

  • かが屋
  • ラニーノーズ
  • カベポスター
  • ヒガシ逢ウサカ
  • 紅しょうが
  • デルマパンゲ
  • きんめ鯛
  • サンドロップ
  • レインボー
  • スペードの3
  • 藤崎マーケット
  • マヂカルラブリー
  • かもめんたる
  • コロコロチキチキペッパーズ
  • 2700
  • どぶろっく
  • モンスターエンジン
  • ラバーガール

かが屋やヒガシ逢ウサカはホントに面白いコントで優勝候補といってもいいくらいなのにホントに残念ですね。

ほとんどの理由はやはりコロナ関係での辞退のようでした。

 

エントリー数年々減っていくのはなぜ?

今年キングオブコントのエントリー数が1707組と過去最低なのは感染予防の為だと思いますが年々エントリー数が減っているのは事実です。

実際第4回のエントリー数は3000組を超えていました。

それが昨年は2413組と減っていっています。

コントをする芸人が減っているとは思いません。

逆にM-1グランプリは年々エントリー数が増えており昨年は5000組を超えています。

ということはキングオブコントに魅力がなくなっていっているということなのでしょうか。

 

KOCエントリー数一覧

優勝者 結成年 所属事務所 出場組数
第1回 バッファロー吾郎 1989年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 2,146組
第2回 東京03 2003年 人力舎 2,584組
第3回 キングオブコメディ 2000年 人力舎 3,009組
第4回 ロバート 1998年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 3,026組
第5回 バイきんぐ 1996年 SMA NEET Project 2,971組
第6回 かもめんたる 2007年 サンミュージックプロダクション 2,988組
第7回 シソンヌ 2005年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 2,821組
第8回 コロコロチキチキペッパーズ 2012年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 2,455組
第9回 ライス 2003年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 2,510組
第10回 かまいたち 2004年 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 2,477組
第11回 ハナコ 2014年 ワタナベエンターテインメント 2,490組
第12回 どぶろっく 2004年 浅井企画 2,413組
第13回

 

 

キングオブコントのエントリー2020はコウテイやチョコプラも欠場?

チョコプラは最近は売れてきていますのでキングオブコントで知名度を上げていく必要はなくコロナ渦でエントリーはしなくてもよかったのかもしれませんね。

ですがちょっと残念ですね来年に期待したいですね。

コウテイの欠場辞退理由はやはりコロナが原因で九条ジョーが同居するラニーノーズ山田健人のコロナ陽性が確認されたため、九条が濃厚接触の疑いが出たため2回戦に間に合わなかったようです。

実力派コント芸人も多く辞退しており今年はこういったコロナによる欠場辞退理由が多かったようです。

ですがかが屋はちょっと違ったようです。

 

かが屋の辞退理由は?

事務所から「「既にお休みをさせていただいているところもございますが、暫く療養をしながら仕事を継続することをご報告致します」ということですので加賀さんに何か起こったのは間違いなさそうですが重い病気でしたら心配ですね。