恋殺映画は面白いつまらない?感想・評価評判をお届け!

恋殺映画は面白いつまらない?感想・評価評判をお届け!
Pocket

11月29日から全国公開された映画「羊とオオカミの恋と殺人」!

今回は映画「羊とオオカミの恋と殺人」が面白いのか?つまらないのか?ということをツイッターの感想や評価、評判などを見ながらお伝えしていきます。

映画「羊とオオカミの恋と殺人」は自殺志願者のニート役の杉野遥亮さんと清楚な殺人鬼役の福原遥さんのW主演の映画です。

予告動画では隣同士に住んでいる杉野遥亮さんと福原遥さんのラブコメディーですがちょっと変わっていて殺人鬼の福原遥さんが人をバンバン殺していく映像が印象的な面白いのか怖いのかわからないような映画でした。

あまりマッチしていなければつまらないものにもなりそうですし正直予告映像だけではどんな映画かさえわからない映画でしたね。

そこで今からツイッターでの感想や評判から見ていこうと思います。

 

恋殺映画は面白いつまらない?

ツイッターなどを見てみると映画「羊とオオカミの恋と殺人」は面白いということしか出てませんでした。

よっぽど面白いのかそれか杉野遥亮さんと福原遥さんのファンしか見てないのでしょうか。

それはわかりませんが面白いという他にもちょっと変わった意見もありました。

それは杉野君かっこいいや遥ちゃんかわいいはもちろんですが福原遥さんの演技のことでした。

福原遥さんの劇中での顔の表情や殺陣のような動きにファンの方たちは驚いてました。

確かに予告動画でもかなりゾクッとした表情はされてましたもんね。

 

ゾクッとする?

ゾクッとしましたか?

杉野遥亮さんイケメン過ぎますね。

福原遥さん可愛すぎますねそして突然の表情の変化などもいいですねえ。

お二人とも演技は上手ですよねえ。

そしてこれはホラーじゃなくラブコメだというのもなんとなくわかる予告動画でした。

では実際の原作もラブコメなのでしょうか?

 

原作もラブコメ?

映画「羊とオオカミの恋と殺人」の原作は漫画ボックスという大人気ウェブ漫画で作者は裸村(ら~そん)です。

そして漫画本だと映画の様にラブコメ要素がかなり少なくかなりのサイコサスペンス漫画になっています。

漫画はかなりヤバいですよ。^^;

映画の方はPG12ということなのでかなり控えめに作られたのだと思います。

もし興味ある方は是非読んでみて下さい!

 

ツイッターの感想・評価評判をお届け!

ツイッターの反応を見てみると結構な数の感想や評価がありました。

そこでここでは面白いと思った人の感想とつまらないなどマイナス要素のある感想とで分けてみました。

一体どんな風な感想があるでしょうか?

 

面白い派の感想・評価

面白い派の感想としてはやはり杉野遥亮さんがかっこいいや福原遥さんが可愛すぎるといった感想が多かったです。

内容については面白かったや人を殺していくシーンなど演技に対する評価が高かったように思います。

そして助演でもある江口のりこさんの存在感がすごいなどやはり演技に対する評価がよかったです。

 

つまらない派の感想・評価

つまらない派の感想としては皆さんはっきりとは言ってない人が多いですね。

まとめてみるとどうも内容がちょっと中途半端なのではないのか?というふうな感想が多かったように思います。

ただ設定や演技に対する評価は一切ありませんでした。

どうしても2時間ほどでまとめてしまうと内容は薄くなるので仕方が無いことですね。^^;

 

まとめ

11月29日から全国公開された映画「羊とオオカミの恋と殺人」は面白いのかつまらないのか?ということを今回はツイッターの感想や評価を調べて書いてきましたがいかがでしたでしょうか?

まとめとしましてツイッターの感想で面白いといってる人は映画のジャンルスプラッタラブコメディーという新しいジャンルで面白いという人がいました。

他にはイケメン俳優の杉野遥亮さんや福原遥さんが可愛すぎるといった感想も多数ありました。

そしてやはり原作を2時間でまとめるのはかなり無理があるのではないか?ということもわかりました。

つまらない派の感想としてはその辺のことを言ってるような気がしました。

ただラブコメディーという視点と出演者の演技については皆さん評価が高かったです。

それでは「恋殺映画は面白いつまらない?感想・評価評判をお届け!」を最後までご覧いただきありがとうございました!