シンエヴァアスカとケンスケは恋愛関係?ケンケン呼びと同棲理由はなぜ?

シンエヴァアスカとケンスケの関係は恋人?ケンケン呼びとくっついた理由はなぜ?
Pocket

2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」ではアスカとケンスケの関係が話題になっています。

エヴァの中でも人気の高いキャラ、アスカがサブキャラだったケンスケと同棲していてさらに「ケンケン」と呼んでいること。。。。

このことに対しファンは「いったいどんな関係?」と納得のいかない様子で親子のような関係なのか恋人関係なのかモヤモヤしています。

ということでアスカとケンスケの関係はいったいどうなのかということを調べてみました。

「シンエヴァアスカとケンスケは恋愛関係?ケンケン呼びと同棲理由はなぜ?」と題して記事にしましたのでぜひ最後までお付き合いください!

 

シンエヴァアスカとケンスケは恋愛関係?

多くのアスカファンが最後はシンジと結ばれると信じていたのを見事に裏切りケンスケと同棲していたアスカ。

アスカとケンスケの関係はただの同居人なのでしょうか?

漫画ではケンスケはアスカの事をかわいいといっていたこともあり興味があるのは間違いありません。

しかしシンエヴァの劇中ではアスカは平気でケンスケの前に裸で出てきても何も感じてないような振る舞いをしていました。

 

アスカとケンスケは肉体関係?

アスカとケンスケが肉体関係があるのでは?といわれています。

その理由はシンジに言ったセリフからでした。

アスカはシンジに「私、あの頃はシンジのことが好きだったんだと思う、でも、私が先に大人になっちゃった」というセリフから何かしら大人になったという根拠があったのではないでしょうか。

ただ「あの頃」というセリフからシンジのことが好きだったことは間違いなくアスカファンの事を思ってこのシナリオを作り庵野監督自身もこれで終わらせたいと思うセリフなのではないでしょうか。

 

アスカの好きなタイプは?

アニメ版ではアスカは加持のことが好きでした。

この時の加持はアスカとは父親のような感じだったのでアスカの好きなタイプは落ち着いた父親のようなタイプだったのではないでしょうか。

シンエヴァのケンスケを見ると加持のように落ち着いた大人になっていました。

 

シンエヴァアスカのケンケン呼びと同棲理由はなぜ?

アスカがケンスケの事をケンケンと呼んでることからアスカはケンスケの事を信頼する相手になってることは間違いないと思われます。

14年という歳月のなかでケンスケを信頼するうちに同棲するようになったのではないでしょうか。

劇中でも何もしないシンジに対しケンケンは仕事に行ってるのにお前も起きろといったことを言って2人を比べたりしています。

このことから大人になったケンスケを信頼し精神年齢28歳でも身体は14歳のままのアスカは同じ精神年齢で身体も28歳のケンスケに惹かれくっついたのは必然だったのではないでしょうか。

 

シンジの最後のセリフ

アスカが眠りから覚めてシンジが言ったセリフ「好きと言ってくれてありがとう」といった後に「ケンスケによろしく」というシーンがありました。

アスカとケンスケの関係を知った上のセリフでした。

これが親子関係なのか恋人関係なのかは個人の想像にまかせるといった感じにとれるところが庵野監督の策略なのかもしれませんね。

ただ個人的にはアスカとケンスケがくっつくことが一番しっくりくるような気がしました。

 

ラストシーンの駅ではアスカ一人だけ?

シンエヴァのラストシーンでは駅のベンチに座っているアスカがいました。

この時横に座っていたのはケンスケではなく普通の女子高生でした。

この駅に一人で座っているアスカのことも話題になっていました。

これはエヴァの中った世界の話ではないか?ということです。

もしエヴァの無い世界だったらアスカとケンスケは出会うことはありません。

この事によりアスカファンに対してもきっちりわだかまりを残さず謎だけを残した庵野監督の考えなのでしょうか。

 

ファンの反応は?

 

 

 

アスカとケンスケの関係は親子、恋人といったことが話題になっています。

個人的にはお似合いの二人で一番しっくり来てるのですがキャラに思い入れがある人などはやはり納得がいかないといった方もおられます。

正直エヴァンゲリオンは本当はどうなのかというのがわからずいろいろ想像できるのがおもしろいところと思っているので「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」はホントに名作ではないかと思いました。

 

まとめ

「 シンエヴァアスカとケンスケは恋愛関係?ケンケン呼びと同棲理由はなぜ?」を最後までご覧いただきありがとうございました!

今回はシンエヴァでのアスカとケンスケの関係はどうなのか?ということを調べてきました。

個人的にはアスカとケンスケは恋人であってほしいと思いました。

昔と違って落ち着いたケンスケはホントにかっこいいなと思いましたしアスカにはピッタリではないかと思いました。

ケンケンと呼んでいるのもアスカ流の愛情表現だったのではないでしょうか。

すべての作品が色々と考えさせられるエヴァンゲリオンでしたが今作で本当に終わりますね。

庵野監督もホントに終わりたかったのでしょうが最後にこれほどしっかりと終わらせてくれると思いませんでした。

今まで本当にお疲れ様でした。

それでは最後までお付き合いありがとうございました!