東ラブ2020主題歌灯火の歌詞や意味は?挿入歌ラブシーン後の洋楽の歌手や曲名も紹介!

東京ラブストーリー2020主題歌灯火の歌詞や意味は?オリジナル曲との違い感想や評判は?
Pocket

2020年の春にあの東京ラブストーリーが令和版として動画配信されることが決まりました。

90年代鈴木保奈美さんと織田裕二さんのリカとカンチが令和版として石橋静香さんと伊藤健太郎さんのリカとカンチとして帰ってきます。

そして気になるのは東京ラブストーリーの主題歌ですよね!

当時リアタイで見ていた人もドラマ内での「チュクチュ~ン」が今でも耳から離れないことが多いのではないでしょうか。^^

ですが残念ながら今回は現代風にリメイクされた東京ラブストーリー2020の主題歌は「Vaundy」の「灯火」という曲に決まりました。

そこで今回は歌手「Vaundy」についてや主題歌「灯火」の歌詞や意味を調べていきたいと思います。

他にも初回の第1話、いきなりのラブシーンから始まるという地上波ではなかなか見られない始まりでその後に流れる洋楽の挿入歌がすごくかっこいい曲で世間でもかなり気になっているようでしたので調べてみました。

それでは「東ラブ2020主題歌灯火の歌詞や意味は?挿入歌ラブシーン後の洋楽の歌手や曲名も紹介!」を最後までお楽しみください!

 

東ラブ2020主題歌灯火の歌詞や意味は?

2020年から配信される東京ラブストーリーの主題歌は「Vaundy」の「灯火」です。

ここでは歌手の「Vaundy」(バウンディ)さんについてと主題歌「灯火」の歌詞と意味を調べてみました。

東京ラブストーリーがリメイクされると発表された時当時リアタイで見てた人達であろう人達は主題歌だけは小田和正さんの「ラブストーリーは突然に」を熱望されていました。

しかしすべてをリメイクしてまた違ったドラマとしての新しい令和版の「東京ラブストーリー」!

東京ラブストーリーの主題歌はプロデューサーが若者に刺さるアーティストを探して依頼したのが「Vaundy」だったのです。

それではまずは「灯火」の歌詞から紹介していきたいと思います。

 

Vaundy灯火の歌詞は?

単調な足音に
メロディーを乗せたら
感情が淘汰してく
自尊心と僕の悲哀を


見えない見えないものを
見えてる見えてる「本当」に
見えない見えない本当を
見えてる見えてる感動に


探した僕の運命と
揺るぎない世界の歌
そんな場所に僕たちは
いつまでも生きている
交わした天の約束を
裏切られたとしても
そんなことに僕たちは
気付かずに生きていくだけ


完璧な理想郷など
僕らにはあり得はしないから


見えない見えないものを
見えてる見えてる「本当」に
見えない見えない本当を
見えてる見えてる感動に


探した僕の運命と
揺るぎない世界の歌
そんな場所に僕たちは
いつまでも生きている
交わした天の約束を
裏切られたとしても
そんなことに僕たちは
気付かずに生きていくだけ


揺るぎないね僕たちは
何度も声を上げて
ありもしない滑走路
羽を広げ走る
揺るぎはしないよ僕たちは
何度も声を上げて
何度も声を上げて
何度も声を上げて


ねぇ
どうしよう
どこへ行こうか
僕が今惨憺と声に出して
また見えない
地図を僕は必死に探して歩いている
けどまだ
どうしよう
ここにいようか
いつかまた目が見え始めるまで
まだ見えない
未来を僕ら
灯火で照らしていくから

Source: https://www.lyrical-nonsense.com/lyrics/vaundy/tomoshibi/

 

灯火の意味は?

灯火の意味を辞書で見てみると。

  1. ともした明かり
  2. 存在・実在などのあかしのたとえ

という意味になっています。

東京ラブストーリーの主題歌となっている「灯火」でもやはり共通するものはありますね。

たとえば東京の夜のあかりなどはこの意味に当てはまりますね。

そして歌詞でもある

見えない見えないものを 

見えてる見えてる「本当」に 

見えない見えない本当を 

見えてる見えてる感動に

は東京ラブストーリーでは外せない「すれ違い」を想像できますね。

リメイクされた東京ラブストーリー2020では精神的なすれ違いが多くみられますのでこれは2番目の意味に当てはまるように感じました。

ただこの楽曲は「Vaundy」が現在コロナウイルスの為に経済的にも精神的にも苦しんでいる日本の為に「灯火」となってほしいと書かれたものなのです。

それでは東京ラブストーリーの主題歌となった「灯火」の歌い手である「Vaundy」さんのコメントを紹介します。

 

Vaundyコメントは?

初めて映像を観せて頂いた時、僕の作った曲の色がぴったりと画にハマっていて、新鮮さと驚きを感じました。

とても光栄です。

大人の東京に、疾走感を足した見応えのある作品!

作曲者として、一視聴者として、今後この4人がどうなっていくのかとても楽しみです。

引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000969.000000084.html

そして「Vaundy」さんはまだ現役大学生ということに非常に驚きました。Σ(゚Д゚)

それでは次に「Vaundy」さんのことも紹介していきたいと思います。

 

プロフィールは?

  • 名前:Vaundy(バウンディ)
  • 生年月日:2000年6月6日
  • 年齢:19歳(2000年4月現在)
  • 出身地:東京
  • 公式サイト:https://vaundy.jp/

2019年11月にYouTubeに公開した「東京フラッシュ」が若者を中心に広まり2か月で200万回再生を突破。(2020年4月現在トータル950万回再生突破)

ボーカル養成学校「音楽塾ヴォイス」出身の実力派!

音楽塾ヴォイスは家入レオさんや絢香やYUIさんなどを輩出した有名な音楽塾です。

Vaundyさんはまだ現役の大学生で作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、アートワークのデザインや映像もセルフプロデュースするマルチアーティスト。

今は事務所には所属せずに個人でされているようですね。

そして5月27日にデビューアルバムとなる「strobo」が発売されます。(2曲目に東京ラブストーリーの主題歌「灯火」が入っています。)

 

挿入歌ラブシーン後の洋楽の歌手や曲名は?


ドラマ「東京ラブストーリー」の冒頭のラブシーン後に流れてきた洋楽はALP‐inの「Let`s go far away」という楽曲でした!

ALP‐inの「Let`s go far away」はBandcampというアメリカの非上場企業の音楽のダウンロード会社から2018年の8月2日にリリースされていました。

Bandcampはインディーズを中心に音楽配信している会社ですがALP‐inの「Let`s go far away」は現代風にリメイクされたドラマ「東京ラブストーリー」にとてもマッチしていましたよね。

今後有名になってくること間違いなさそうですね。

 

Let`s go far away歌詞!

I hope we get another sunset tonight.
Open the blinds – let in some beautiful light.
The time has come to look beyond the horizon.
The sunlight is all-time there. Look like it is frozen.

Do you mind if I push gas pedal harder?
I want to see how the Sun going back in time.
I want to see the first light of dawn in my blue garden.
I want to control all nights and days in my mind.

let’s go far away looking for a miracle.
I believe in such things. That’s my crime.
They say I’m crasy and just too lyrical.
At least I can try! At least I can try!

let’s go too far away looking for wonder.
I believe in miracles. That is my crime.
They say I’m crazy and it is impossible.
At least I can try! At least I can try!

All of us have story
And each one is unique
There were moments of glory
There were moments of stupid

I never know what might change.
I never know if I can climb.
But I really sure about one thing
I’ll never can if I waste time.

Just take a look around, and you’ll find what you need.
You’ll be free this time tomorrow. You’ll be free!

引用元:bandcamp

 

 

まとめ

今回は「東ラブ2020主題歌灯火の歌詞や意味は?挿入歌ラブシーン後の洋楽の歌手や曲名も紹介!」を最後までご覧いただきありがとうございました!

まとめとしまして東京ラブストーリー2020の主題歌である「灯火」は現役大学生でもあるアーティスト「Vaundy」さんの楽曲で元々は現在新型コロナウイルスで経済的にも精神的にもきつくなっている日本に「灯火」を上げるために書かれたものであることがわかりました。

そして「灯火」の意味は

  1. ともした明かり
  2. 存在・実在などのあかしのたとえ

ということがわかりました。

そして挿入歌の気になる洋楽はALP‐inの「Let`s go far away」という事もわかりました。

主題歌の「灯火」に負けず劣らずの挿入歌に今後の展開も盛り上がっていきそうですね。

ぜひこ曲を聴いてコロナに負けず頑張っていきましょう!